08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.08.06 (Wed)

キンタ再開

築城が終了したので、キンタ製作を急ぎたいと思います(笑)

溶接跡の再現方法ですが、今回は伸ばしランナーに
流し込み接着剤を使用したやり方で行いました。



ちょっと太めに伸ばしたランナーを接着します。

DSCF0576_20080806012203.jpg
次に、ナイフの先で細かく刻みます。

DSCF0577.jpg
流し込み接着剤をランナーの切り込みに染み込ませて暫く経ったあと
カルコなどを利用して溶接を再現していきます。
慣れればけっこうやり易い方法だと思います。
ヒートペンでも出来ますが、流し込み接着剤で柔らかくした方が
コントロールし易い様に思います。


DSCF0594.jpg

DSCF0597.jpg

DSCF0600.jpg
やっとこさ組立完了しました。
もう暫くはエッチングパーツは使いたくありませんね(苦笑)

次は塗装に入りたいと思いま~す♪
スポンサーサイト
01:42  |  模型  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

細部のエッチングパーツを使うと、塗装の時が大変そうですね、ドライブラシや、不用意に触ったりして、細かいエッチングが飛んでいきそうな気がいたします、そんな細かいパーツが飛んだときに限って家具の隙間など取りにくい所に入っていったりするんですよね。
sato |  2008.08.07(木) 12:38 | URL |  【編集】

◆satoさん
とにかく触れるのに気を遣いますね(汗)
吹っ飛んで欠損したときは、実車も欠損していたという設定で行きます(笑)
カーク3等陸士 |  2008.08.07(木) 21:22 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kirkmokei.blog106.fc2.com/tb.php/95-5e86444b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。