10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.10.28 (Tue)

九州AFVの会、其の二

ビビッ!とキタコレ作品をボチボチとご紹介いたします。



先ずは東京よりご参戦のNPG殿の作品です。
DSCF0023.jpg
この発色・グラデーションの滑らかさは驚愕ものです。
いろいろとコツを教えていただきましたが、
要はセンスがないと絶対こんな風には仕上げられないっス(泣)




白旗が失敗していることは内緒にしてくれと言われていましたので、
ご内密にお願い致します。

NPG殿の作品は、他にも沢山あったのですが、
マヂで1個欲しくなり、思わずパクッてしまいそう的な衝動に・・・
NPGさんスミマセン!1個無くなっていませんでしたか?(笑)ウソ







次は眞田さんの作品です。
DSCF0073_20081028005732.jpg
パンツァーグラフでおなじみなんですが、実物を観て更に驚愕!
なんともユーロミリテール的な色づかいが、まるでバーリンデンを彷彿とさせる作品で御座いました。

DSCF0080_20081028232332.jpg

DSCF0068.jpg

DSCF0067.jpg
眞田さんの作品は、発色のすばらしさは勿論ですが、
遠目に観ても細かいディテールが浮かび上がってるんですよ。
作者が一発で判る作品にホント憧れてしまいます・・・


つづく・・・次回は超弩級百屯鬼戦車!
スポンサーサイト
23:50  |  模型  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

Comment

個性的な色彩表現は素直に「凄いな!」と思うのですが、自分で、いざ、やってみようと思ってもなかなか出来ませんね。
結局、平々凡々に色付けしてしまいます(汗)
はんぶん |  2008.10.29(水) 18:09 | URL |  【編集】

NPGさんの塗装もさることながら
眞田さんの独特な下地塗装からのアプローチは
とても驚いてしまいます。

お二方特有の色彩感覚が、見てる者として楽しく思います。
熊人 |  2008.10.29(水) 22:45 | URL |  【編集】

◆はんぶん殿
そうなんです(汗)いつも無難に済ませてしまいます・・・
今度こそ思い切って塗ってみたいと思います!が・・・

◆熊人殿
この塗装方法は、ちょっと取り入れてみようかと思っております。
とにかくくっきりディテールが浮き出していて素晴らしかったです。
カーク3等陸士 |  2008.10.30(木) 12:28 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kirkmokei.blog106.fc2.com/tb.php/158-cc4ac706

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。